【記事紹介】週刊文春が報道へ、8歳年下・倉持麟太郎弁護士と「肉食系ガソ倫」山尾志桜里議員の不倫疑惑(さくらフィナンシャルニュース、2017年9月5日)


倉持麟太郎弁護士/弁護士法人Nextのホームページより

【速報】週刊文春が報道へ、8歳年下・倉持麟太郎弁護士と「肉食系ガソ倫」山尾志桜里議員の不倫疑惑(さくらフィナシャルニュース、2017年9月5日)
http://sakurafinancialnews.jp/?p=1905

【9月5日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

「文春砲」の愛称で知られる「週刊文春」(文藝春秋社)が、小学校1年の息子を抱える山尾志桜里衆議院議員(愛知7区選出)と、山尾議員より8歳年下の倉持麟太郎弁護士(弁護士邦人Next)の不倫疑惑を、今週9月7日発売の最新号(9月14日号)で、報道することが、わかった。

以下が、 倉持麟太郎弁護士(弁護士邦人Next、第65期)の経歴である。
http://next-law.or.jp/office.html#sec04
1983年1月16日、東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒業、中央大学法科大学院修了。2012年弁護士登録(第二東京弁護士会)。慶應義塾大学大学院法務研究科非常勤講師(憲法)。
仁平総合法律事務所を経て、弁護士法人Nextを開設し、代表弁護士に就任。
東京圏雇用労働相談センター(TECC)相談員として、ベンチャー支援、一般企業法務、「働き方」等について専門的に取り扱う。
東京MX「モーニングクロス」レギュラーコメンテーター、衆議院平和安全法制特別委員会公聴会で参考人として意見陳述(2015年)をしたほか、企業法務実務の傍ら、憲法理論の実務的実践や政策形成過程への法律実務家の積極的関与について研究している。
共著に『2015年安保~国会の内と外で~』(岩波書店、2015)、『時代の正体2』(現代思潮新社、2016)などがある。

なんと、山尾志桜里衆議院議員は、去年11月5日に日進市で、「安保法制勉強会」を行って、倉持麟太郎弁護士を講師として招いているのだ。

ちなみに、以下が、すでに山尾志桜里議員との離婚の可能性が噂されていた、警視庁の捜査を受ける、山尾志桜里衆議院議員の初代政治団体会計責任者で元ライブドア執行役員で、山尾志桜里衆議院議員の夫の山尾恭生氏である。

山尾夫妻は、東京大学に1993年に入学した同級生だが、交際が始まったのは志桜里氏が司法修習生当時の知人が主催した飲み会だった。理科2類に入学したのちに教養学部アジア科に進学した山尾恭生氏は男子校の私立武蔵高校、文化1類に後期入学して99年に法学部を卒業した山尾志桜里衆議院議員は東京学芸大附属中学大泉(現:東京学芸大学付属国際中等教育学校)、東京学芸大附属高校の出身だ。

なお、山尾恭生氏の会社の一つ(株式会社アメーシア)は、志桜里氏が盛んに攻撃していた、HOYA創業者一族・金田勝年・前法務大臣の親族からも出資を受けていたりする。

ちなみに、東京学芸大学付属高校出身の山尾志桜里衆議院議員(衆議院愛知7区)と、「ハゲー」の怒号ですっかり全国区になった桜蔭高校卒業の豊田真由子衆議院議員(衆議院埼玉4区)は、東大入学の同期だ。東大卒の女性議員の夫には、常に女難ありというところか。

小紙としては、これを契機に、志桜里氏には、経済学を勉強し直してもらいたいと、本気で思っている。

まさに、「大丈夫、大丈夫」どころではないだろう。新しい情報が入り次第、続報をお伝えする。

【了】

(参考) 小紙(さくらフィナンシャルニュース)報道
【速報】トラブル続出! セレージャテクノロジー代表取締役・「ガソリーヌ夫」こと山尾恭生、自己破産と山尾志桜里衆議院議員からの三行半へのカウントダウン(2016年11月18日)
http://sakurafinancialnews.jp/?p=694

山尾恭生夫妻と同級生で、民進党衆議院東京2区からの公認候補予定者となっている松尾明弘弁護士(松尾千代田法律事務所)。山尾恭生氏が代表取締役を務める株式会社アメーシア(東京都千代田区)の監査役も務める。

松尾明弘弁護士が代表を務める松尾千代田法律事務所より
http://www.matsuolawoffice.com

山尾志桜里衆議院議員の実父の菅野一男医院長(かんの内科)/ドクターズファイルのホームページ(https://doctorsfile.jp/h/29932/df/1/)より

You may also like...