【速報】大阪府四條畷市長選で、元外務省職員が当選し、最年少市長が誕生

profile_img

大阪府四條畷市長選が、1月15日に投開票され、新人で元外務省職員・会社員の東修平氏(28)が、現職の土井一憲市長(61)を破り、初当選した。投票率は42.18%だった。

東修平新市長は、昭和63年10月3日生まれで、京都大学工学部・大学院工学研究科の出身で、外務省と野村総合研究所を経て、市長選に立候補した。

東市長の当選前は、北海道夕張市の鈴木直道市長(35)が全国最年少市長だった。

(開票結果)
当10659 東  修平 無新
  8407 土井 一憲 無現

東修平市長
http://newnawate.net/

You may also like...